FC2ブログ
街のコーンスープ担当
経営コンサルタントとして足かけ20年、「おんしゃんの仕事は、コーンスープ担当なの?」そう、「コンスルタント」・・・と息子が言っていた親父の日記。
プロフィール

THANN-011(たん)

Author:THANN-011(たん)
札幌出身千葉在住
医療経営コンサルティングと街づくりを行う野球少年2人と野生人犬「たん」の父親
クリニックの経営をみながら、不動産ネットワーク開発に邁進中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナルホドとワクワクのあいだ
027とある住宅会社さんとの街づくりのミーティングで出張。
新幹線好きの私も、最近は2時間を超えると体がギシギシいってくる。
おまけに、早朝6時台だというのに禁煙席が満席で、燻製席しか空いて
おらず、すっかり燻られしまった。

ヒット商品の分譲販売強化プログラムの真髄を垣間見ることができた。
コンサルティング的左脳とクリエイティグな右脳のバランスがなければ
商品サービスは売れないということを、クライアントもしっかり認識いただけのでは
ないだろうか。

最近ハマっている本に「ハイコンセプト~ダニエル・ピンク著」という本がある。
1年に2冊くらい、ドキドキする本に出会うことがある1冊。
その基準は、ナルホド感のあとにワクワク感が出てくる本と言っても良い。
ちょっとその視点から、観察してみる。

住宅不動産という重たい商品を買う場合、人は当然慎重になる。
情報が取りやすくなったとは言え、売り手と買い手の情報格差が大きなもので
まだまだブラックボックスお大きな業界である。
大手ハウスメーカーのスペックは素晴らしい、だけど、スペックの劣る商品を買う
ひともたくさんいる。予算が関係してくるが、本当にそれだけだろうか。

事実戸建のトップメーカーの国内シェアは5%程度。20人に1人の心しか捉える
ことしかできない。
自動車のトヨタであれば、国内40%超、世界でも13%弱にくらべると、その足元
にも及ばない、さまざまなプレーヤーが無限と言える商品で戦っている。
ゆえに、どこにも未だ勝機があると考えられる。

GMのロバート・ルッツ氏がCEOに就任した時に、ある雑誌でこのように答えて
いたと言う。
「これからは自動車づくりに、もっと右脳的なアプローチをします。われわれが
手がけるのはアートビジネスです。芸術であり、エンターテーメントであり
動く彫刻で、それがたまたま乗り物として使えるということです」
フェラーリやアルファ、BMWのようなメーカーならまだしも、ゼネラルモーターの
トップが言っていることに、大きな意味があると思った。
個人的には、頼まれてもGMのアートは欲しいとは思わないが・・・

話が、遠回りになってしまったが、
そう、「右脳的アプローチ」が住宅にももっと必要だということ。
ハイセンスな商品をハイタッチに届ける。それは「ワクワク感」そのもの。
ハイスペックな商品をもっているハイクラス(大手)が取り組めば、その効果も
大きい。
前線の営業マン一人ひとりが、ハイタッチな接客によって、ワクワク感の伝道師
になるイメージである。
上流の経営陣から、企画、設計、営業まで、そのコンセプトの一貫性がなければ
意味がない。

デザイン、演出、物語、ハイタッチ・・・落とし込むキーワードはいくつか出てくる。
自己の成長テーマとして、ここからもっと価値ある商品サービスを開発していきたい
と決意した、有意義な1日であった。


毎日、すぐれたデザインに見つけ、その背景にある物語を考える習慣をつけたい・・
と思い、オフィスのある銀座の見方も変えてみよう!
SH010078.jpg

よく通るのに一度も入ったことがない、HERMES銀座タワー・・
ふた昔前に流行ったガラスブロック、センスのよろしくない建売や病院でよく見かけるが
HERMESが銀座で使うと全然違います。





スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


人を動かす!一歩前へ
このブログも週2回の更新を自分のために書こうと決めていたが
ついつい後回しになりがちになっている。
そんな時、いつも元祖街づくりの027のブログを見て刺激を受ける。
あのスピード感、リズム感、感じる心なのだ・・と。
「コンサルタントとして自分の商売道具である言葉に責任を持ちなさい」
という昔の先輩の言葉を思い出しながらも
「そうだ、これはビジネスではない、自分の救済なのだ。もっと思うがままに
手を動かそう。手を動かすことで頭が動き出すのだ」と。

今日のお題目は「人を動かす」
かのデール・カーネギーさんの世界で1500万部売れ続けているという、それではない。
もっと身近なことである。
男であれば、1日5回以上は経験すること。
それは、毎日のトイレでの小便のこと。
外部のビルや公共施設のトイレを使う立場からすると、一番大事なことは清潔であること
は言うまでもない。
清潔とは「要らないものを捨て、要るものをいつでも取り出せるようにし清掃によって
きれいな状態を保つこと」が確か5Sの4つ目のSの定義
であったと記憶している。

確かに、キレイな状態を継続するのが難しい。
ビルやマンションの価値を維持要諦は、「管理」と言われる。
その中でも清掃は、限られた予算と時間の中で如何に効率的に品質を保つかに
かかってくる。
そこで、一歩前へと人(トイレの利用者)を動かすことがクリティカルになって
いたりする。
男性トイレの場合、汚い話だが、たいがい小便器の前に滴がいっぱい落ちていて
思いっきりガニ股にならないと汚くて近寄れないことがある。

普通のトイレは、こんな感じ。

SH010083.jpg


「もう一歩前へお進みください」・・・と。
実はこれは、銀座のオフィスの男子トイレの小便器の前の表示である。
至って普通。よって普通の人は「ああ、そうか、もう一歩前に出て滴がこぼれないようにね」
と思う。が思うだけで、行動は変わらないことも多い。
ひどいところでは、殴り書きの字で「トイレを汚さないでください!たらさないように!爆」
ぐらい書いているところもある。
そりゃ、毎日掃除している身にもなれば、理解もできる。
「くそ!なんでこんなデッカイまとを外すんじゃ、毎日、俺が掃除してんだぞ~爆」
という心境だろう。

しかし、達人のトイレは違う
SH010084.jpg


「お願い。最後の一滴まで滝つぼに ~ 掃除の乙女うより」とくる。
しかも額縁に入れた、手作り風の癒し系。
そう言われれば、たいていの紳士は「おっと、もっと前だな。ズボンが便器についちゃうよ」
と言いながら、率先して協力してくれるだろう。

これは、やっぱりカーネギーである。
「人を(人の行動を)変える九原則」 の中にはこうあった。
1)まずほめる。
2)遠まわしに注意を与える。
3)まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える。
4)命令をせず、意見を求める。
5)顔を立てる。
6)わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる。
7)期待をかける。
8)激励して、能力に自信を持たせる。
9)喜んで協力させる。

まさに、掃除の乙女のメッセージにカーネギーの法則が組み込まれた
いたのだ。
目的は注意することではない。当たり前だが相手の行動を動かすこと。
腑にストンと落ちた経験でした。
常に、一歩前へ!


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


食欲の春
すっかり暖かくなり、春恒例の花粉症と一緒に、今年は食欲もついてきているだ。
2月に検査でカメラを入れたことを機に、ほんの1日のプチ絶食をしたことがあった。
それからというもの、普通に食べられることがなんともありがたいことかと再認識し、
「食べられるうちに食べておこう」と思うようになってしまった。ベルトの穴もまた
ひとつ大人になったようだ。

地方にいくと、今まではクライアントとホテル、移動を如何に
効率的にこなすかであったが、街づくりをテーマにした仕事からも、できる
だけご当地の文化に触れようと考えられるようになった。

と、認知的不協和の解消(正しくは言い訳)をして仙台台でタンマリと焼肉をごちそう
になってしまいしまた。
03170002.jpg

仙台と言えば、牛タンが有名だが、今までは、きっと違うものを食べていたのかもしれない
と気づいた。きっとそれは、牛の舌だったのではないだろうか??
ここの焼き肉店の牛タンは、とても厚く、柔らかく、ジューシーで、味が濃く・・
とにかく、今までに味わったことのない牛タンワールドである。

何でも、「タン塩」と「牛タン」は違うようで、よく焼肉屋さんで薄いさっぱりとしたタン塩は
新鮮なものに塩を振っているだけのようだが、本当の牛タンは違うらしい。
牛タン職人が分厚くスライスした後に、数日をかけて、「仕込み」といわれる熟成作業を行う
という。この仕込みの技術の習得し、職人として一人前になるためには、10年以上の修行が
必要と言われており、この手間ひまが、仙台牛タンの美味しさを支えているのだとか・・
なるほど、確かに味が濃いというか、どんどん染み出てくるように気がする。

あとは、グロテスクな豚ホルモン。仕込みはわからないが、噛めば噛むほど甘みがでてくる。
どのタイミングで飲みん込んでいいのか、エスカレーターに乗るタイミングで悩んでしまう
おばあちゃんのような状態になってしまうこと以外はGood。
きっとエド晴美なら「ぐぐぐぐぐぐ~」と親指を立てているだろう。
03170003.jpg

牛の舌、豚の内臓を、さぁ食べてみようとチャンレジした人には感服する。
相当勇気のいったことだろう。
人と同じをことをしていたら、人と同じ結果にしかならない。
ルーティンよりも新鮮な課題に取り組む、業務を処理するよりも人間関係を作る
ひとつの要素を分析するよりも全体像をまとめあげることが大事だなぁ。
そうしないと牛に舌を出して笑われるかもしれない。
そう、牛タンは教えてくれる。

埼玉の駅の前でも埃にまみれながら懸命に桜が咲いている。
春は、花粉とともに食欲と成長意欲を運んでくれたのだと感謝している。
03180001.jpg


テーマ:きまぐれ日記 - ジャンル:日記


花粉と賢人とときどき宇宙人
今週は、花粉が爆裂状態!
むずむずから痒い、そして痛い、むなしい…状態へ
昔、国のスギ植林政策の誤りだと、訴訟を起こした方がいたが、今ならその気持ちが
よくわかる。

続けて、病院の先生、住宅会社の専務さん、IT会社の会長さんと続けて懇親の機会が
あったのだが、酔いが回ってくるまでは辛い。花粉を肴に飲んでいるようもので
くしゃみとともに、爆発しそうなるのをこらえるのに精一杯である。

みんな人生の先輩ばかり、それぞれの世界で第一線で活躍されている方々であり
貴重な時間を割いて、いろいろとアドバイスを頂けることがありがたい。
医療、不動産、ITと業界は様々だが、共通しているのは
「自分の哲学があり仕事を楽しんでいること」
「海外での経験があり、グローバルで勝負していること」

やりたいことが鮮明で、その思いが強いので、手段はいくらでも出てくる。
思いを実現してくプロセスが楽しくてしょうがない。
私の理想としている「仕事の道楽化」を見事に体現しているところが
素晴らしい。

執着は技術の一つだと教えてくれた人がいた。
松井もイチローも天才ではなく、努力する才能が天才レベルだと表現される。
自分の努力する才能が不足していると感じるときは、仕事というステージを
借りて、その才能を磨いていきたい。
仕事とは、人格を磨く一番の手段である。多くの人と出会えて、毎日問題解決
をこなし、喜ばれたり、悲しんだり、新しいことにチャレンジできたり、自己内観できたり・・・
こんなことは、仕事以外ではたぶん味わえないのだろう。

努力する才能を図るひとつの指標に「時間」があるならば、もう一度その時間のデザインを
変えてみたいと、再認識したこの頃でした。

・・・と、カタイ話になってしまったので、ここで捕らわれた宇宙人をどうぞ!

P1030881-2.jpg


先日、去勢手術を終え、傷口を舐めないようにブロックされたカバーを
「新しいこの首輪、ちょっと大き過ぎるよ!」と言っている。












テーマ:日記 - ジャンル:日記


人間はあきる動物なのだ
先日、休日の神奈川の住宅展示場にいってきた。
電車からは、まだまだ冬模様の富士山がくっきりと
03090002.jpg

その前の週は、千葉の住宅展示場へ。
仕事を兼ねてだが、幸い家族はみんなモデルルーム好きであり
かつ、分譲マンションで3年が経過し、また戸建が欲しくなってくる時期
に来ている。

戸建への買い替え客の心理としては
・子供が大きくなってきて、運動量、友達の量、遊びの質が変わってくる。
 ~もっと静かにできないか・・・
・幼稚園、小学校を意識して選択したロケーションだが
 ~中学、高校考えると本当にここでいいのか
・ペットの犬を飼いだしたが、やっぱりマンションは不便
 ~やっぱり大型犬がほしい
・そろそろマンションの売り時はおわりそう
 ~今なら、新築価格から○%乗せもざら・・・

なんて、ことで「やっぱり戸建」心をかき立てられている買い替え層
も多いはず。少なくても、この辺では、マンションtoマンションの買い替えも多い
ちょっと不思議なエリアであり、もっと良質な戸建物件があれば、需要は
掘り起こせるはず。

ってなことを考えながら総合展示場にいくと・・・
建物、インテリアのハード面で参考なるなぁ、面白いなぁっと思う
こと以外は、残念ながらない。
駐車場にいっぱい車は停まっているが、社員の車ばかりで、お客様は
パラパラ。まだ寒い時期ではあるが、外に出て引き込みをしているのは
数社だけといった盛り下がりよう。
エンドユーザーも、この夢の装置に飽きてきた。わくわく感がない。
あるのは、営業に追いかけられる「脅迫感」!

でも、きっと飽きてきたのは、当の本人である、中の営業マンではないか?
どうせ、お客さんはあまり来ない、来ても冷やかしや「そのうち客」、うちの
商品は高いし・・・という諦め感オーラが出ている。

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
キッザニアのような楽しさをもち
体感する楽しさがあり
お年寄りや子供が集まる・・・
私はそういう展示場
になりたい

おわり。





地域密着戦略
陸奥もすっかり寒さは和らぎ、着て行ったダウンのコートの着心地がよろしくない。
いつものことだが、春が近づき、温かくなることに嬉しくなる気持ちに、必ず付いてくる
花粉の煩わしさ!やっかいな便乗商法のようだ。
最近では、防御するのも煩わしい。自分なりに季節の移り変わりを正面から
受けとめる潔さを持てるようになった・・・・

しばらく会わなかった企業の役員さんと食事にいく。すっかり成長している姿に嬉しくなる。
多少なりとも自分が貢献できたのかと思いつつ、ゴーンさんがリバイバルプラン
で言ったいたように「戦略は5%、実行が95%」の言葉を思い出す。
当時から、よく行っていたお寿司屋さん。
リーズナブルな価格ながら、とても新鮮でおいしく頂いた。
なんと最近では、銀座にもお店があるが、かなり浮いている?ようにしか思えない。

03040001.jpg


その足で翌日、埼玉の戸田公園のクライアントの病院で打ち合わせ。
競艇の開催日とあって、独特の雰囲気を持ったおじさんが続々と駅から送迎バス乗り場へ
と吸い込まれていく。20年近く前に立川に住んでいた頃も、競輪場のすぐ近くで
同じような光景をよく目にしていた。時代は変っても、変わらないものがあるものだと
関心しているところに、お蕎麦屋さんのA看板を発見。

立ち食いそばにしては、1000円セットは随分高いなぁと中身を見ると
「ワンカップ2本付き」とある。
巷には「ほろ酔いセット」なるものがよくある。生ビールとおつまみで
「ちょっと一杯ごころ」のフックになっているは珍しくない。
しかし、ターゲットを鮮明にした時、ここの店長は「ワンカップ」しかも2本を組み合わせるという
商品開発をやってのけた。
実際に、その前を通った時、一見してそれ風をわかるおじさんが、こうもらしていた
「おう!1000円か高いな、でもワンカップ2本もついているぜ!爆」と
見事に、ターゲットに刺さっていた。

03050001.jpg


歯科医院においても、周辺500メートル圏にどういった集客装置があるかで、診療方針から
メニュー、採用するスタッフまで変わってくる。
地域を知ること、ロケーションを体感することの大切さを再認識させられた。



テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記


小さな天使も戦っている
大阪、名古屋、銀座そして浦和へ
街づくりの代表とバス、飛行機、電車、徒歩と様々な日本の交通機関を
楽しむ旅の途中

乗りなれた京浜東北線で、東京から浦和に向っていた。
日暮里あたりから、制服を着た小学校2年生くらいの女の子が、前の席に座る。
学校の帽子をかぶり、指定のカバンを持って、行儀よく座っている姿なんかを見ると
同年代の子を持つ親としては、ついつい気になってしまう。
気にしていると、うとうとうとうと・・・ひと駅も経たないうちに、となりのオジサンに
傾きながらすっかり寝入ってしまった
王子、赤羽、川口、西川口、蕨・・・・大丈夫かな、どこで降りるのかな?
きっとこのまま寝過して、大宮行って、折り返してまた赤羽あたりで目が覚めて
「まだ赤羽か・・もうちょっと寝よう」なんてことにならないかと気が気でない。
でも、声を掛けたら、それこそ誘拐犯か、変質者と間違われそうだし・・・・
自分が下りる南浦和の駅についた時、立ったついでに、一応声を掛けてみた。
「おねえちゃん、起きなくて大丈夫?」
すると、その子は駅を確認する間もなく「はっ!」とだけ、言い残して、夢遊病者
のようにドアから一目散に駆け降りていった。
余計なことしたかな・・、全然違う駅で、びっくりして降りてしまったのかなぁと
心配になって、駅のホームで聞いてみると、「ああ大丈夫です、ここです、ありがとうご
ざいます」と応えてくれ、ほっと胸をなで下ろす。

たぶん、いつものことなのだろう、パッと見てすぐに自分が下りる駅だと
気づいて、ダッシュしていったのだろう。
小さいな天使も、小さな戦士として、こうやった毎日戦っているのか・・・

私が、20年前に札幌から東京に出てきたころ、東京モノにはかなわない!と
思ったのは「小学生の電車通学」を見た時であることをハッキリと覚えている。
社会人の自分が迷子になりそうになりながら、強烈な中央線の朝のラッシュの中で
制服を着て皮靴をはいた小学生1年生が人ごみの中でもまれている・・・
戦士だ!彼らは、1年生からこの戦いを戦い抜いて、鍛えられているのだ。
凄すぎる。
ちなみに北海道で、ノビノビ育った自分は、私立の小学校という存在すら知らずに
冬はスキーをはいて学校に行っていたこともある少年であった。

うちの子は、マンションの隣の小学校に、通学30秒の世界。
家の窓から、業間休みに縄跳びをしている姿、体育の時間に友達にちょっかい出して
いる姿まで、はっきりと見える。
親としては、通学に対する心配がない分、とても恵まれた環境に感謝している。

小さな天使は、きっと、この先何年も電車で夢を見ながら、ダッシュ力がついていくのだろう。
ついにはきっと私のように、新宿から最終の中央線で寝過して、気づいたら登山客に囲まれ
小淵沢に着いて、そのまま折り返し新宿方面に乗っても翌日の会社に遅刻してしまうこと
あったり、連結部分でゲロしたり、立ったまま寝て駅を乗り過し2往復くらいするような
「リッパなオトナ」になっていくのだろう。

また、来週!


テーマ:雑記 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。