街のコーンスープ担当
経営コンサルタントとして足かけ20年、「おんしゃんの仕事は、コーンスープ担当なの?」そう、「コンスルタント」・・・と息子が言っていた親父の日記。
プロフィール

THANN-011(たん)

Author:THANN-011(たん)
札幌出身千葉在住
医療経営コンサルティングと街づくりを行う野球少年2人と野生人犬「たん」の父親
クリニックの経営をみながら、不動産ネットワーク開発に邁進中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


固定客化推進プロジェクト
とっても魅力的なキャッチを掲げる、販促セミナーに参加する機会があった。
広告屋さんだから、失敗例、成功例がどんどん紹介いただける
ということで、沢山のシャワーを浴びることができ、なかなかの内容に満足!

ついついセミナー講師の立場で見てしまう癖も抜けて
現場のプロジェクトを任された販促責任者とういう立場で
純粋に生きた現場の知識を習得することができた。

自分の整理のためにナンバリングしたもの一例を挙げると

プロモーション成功のポイント5つ
・自社のコンセプト明確でストーリーを持ち、それを表現するのがうまい
 ~そうそうコンセプトを物語に乗せると記憶に残るんだよね・・

・販促は少ない投資でテストし、計画的に実行
 ~仮説と検証を計画的に・・できてないケース多いなぁ・・・

・販促は自社で考え、丸投げしない
 ~任せっきりにすると真剣にならないんだよね

・商品サービスを通して、自社のポリシーを理解してもらう努力を惜しまない
 ~理解してくれない・・って嘆いている暇あったらやることあるね

・ポリシーにそぐわないお客様はお断りする勇気を持つ
 ~欲張っちゃだめだね、誰でもと考えるから、誰にもひっかからない

確かに、基軸はある。
なんにでも、考えるフレームがないととっても非効率になってしまう。
成功に近道はない・・が、王道はある。

広告には、正解はない。
答えは消費者が持っている。
一見、言い訳に聞こえるかもしれないが、真実である。

だから、答えを見つけようとセールス、プロモーションを科学するのか
それとも、答えが出るまで待つのか。

例えば、ひと手間を惜しまず、モニターに3つくらいの広告案をテスト
して反応を見る・・・
王道に則って計画的に実行すればできることは多い!

もう一つ大事なスタンスは
ゲリラマーケティング手法の創設者ジェイ・コンラッド・レビンソンが言うところの
「マインドシェアの獲得こそがマーケティングのゴール」である
ということ。
特に、スモールビジネスであればなおさらのことであろう。

資源を投下するターゲットはマインドシェア
使うべき道具は、マーケティング100のウエポン
ステップは、成功5つのポイント

ワクワク、そわそわしてきた
早く実践したい!

ということで、かじりつくように聞き入ったので、写真を取るのも
忘れてしまい画像がありません・・・・
でも、何もないとつまらないので、不思議な生き物!
暑くて、体も伸び切ったTAHNです。なが~(全く関係ないです)
TAHN0807








スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


油が高くなって生活の質が高くなる?
「油が高くなって。生活の質が高くなる」と、たいそうな話ではないんですが
ちょっと実感する週末でした。

今年の初泳ぎは、天候に恵まれた海の日になった。
毎年伊豆方面に一泊する旅行も今年はスケジュールが合わず、近場の千葉の
海に初めて・・いく。
千葉に住んで10年近くなるが、海水浴で千葉の海には初めてなのは
なんで何だろう?
たぶん10年以上前に行った海がとっても寒かったことと、とてつもない渋滞に
巻き込まれた記憶がこびりついていたのだと思いう。

7時には現地に着いてないと、駐車場が無くなってしまう!と脅かされていたのだが
やっぱり、スタートが遅れて家を出たのが5時30分・・これだと渋滞覚悟に現地かな?
と思いきや、途中は道を間違えたのではないかと思うほど、スイスイと進んで御宿の
海水浴場へ。

駐車場もまだ6割くらいの埋まり具合で、労せず海辺に一番近いところに
車を停めることに成功。それも1日2000円と言われていた料金が、1000円と
お得であった。
確かに、ガソリン高の影響が出ているようだ。

一番気がかりだった愛犬タンの海水浴デビュー!
暑さにあまり強くない犬種なので、どうかと思ったが鼻の中に砂が入りながらも
元気に砂掘りをして、ビビりながらも海水で水遊びをしている姿を見てひと安心。
P1040607.jpg

最近、行楽地に行くと犬の迷子のアナウンスが必ず流れてくる。
「黄色いTシャツを着た○○ちゃんとおっしゃるお嬢さんが保護されています・・・」
というわけにはいかないので「グレーのミニチュアダックスフンドが迷子になっています」
なんて流れてくると・・・さすが少子化時代の光景ですね。
そうなると、首輪に飼い主の名前と携帯番号くらい入れなければならなくなるのか、
いや、しまいには、白い犬には、携帯電話くらい持たせなければいない。
そのうち、犬も格差社会がやってきて、ぐれた犬が「なめネコ」みたい(私は中学生でした)
東金道路あたりを暴走し出すのではないかと心配になる。
P1040590.jpg

確かにガソリンが高くなってから、移動手段を考えることが増えてきているようで
都内の高速道路、駐車場は軒並み昨年対比でマイナスを記録している。
先日、ある最大手のコインパーキング会社の方とお会いしたが、次の成長事業分野を
真剣に模索しているようであった。

食品をはじめてとする生活必需品の値上がりも、いよいよメディアのネタでははなく
実生活として体感することが多くなってきた。
家では、エアコンを扇風機に変え、電気製品も小まめに消し、買い物は自転車を使う・・・
なんてことが起きてきた。

良かったと思うこと、それは地球環境に配慮した、ECOな生活になって来たことや
光熱費、移動費が節約できること・・・ではない。
それは「考えてから行動する」という癖である。
「今までの流れで安易に決めない」ということ、立ち止まってもっと目的的に
「考える」を始めたことだと思う。
ちょっと待て、考えてみよう・・
と会話できるようになることは、自分にも子供たちにとっても大事な一歩。

石油や小麦などのへの現物投機マネーの影響で、どんどん高くなる原油。
質の高い生活とは、安易に買う、使う、捨てる、金を払う・・・ではないはずだと
子供や犬たちと一緒に考えることを教えてくれたことが大きい。
そんなことをきちんと勉強して、7月20日にECO検定を受けるはずだったのだが
申込が間に合わず、次の12月に挑戦することにした・・・


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


「銀座でブラジルコーヒーを」で銀ブラ
最近、銀ブラをしている・・・
銀座をブラブラと優雅に散策しているわけではなく、診療圏調査をしている。
と、ちょっと前まで銀ブラは「銀座でブラジルコーヒーを飲む」という語源であったことを
知らずにいた。

銀座はマチクリオフィスのある銀座、診療圏とは診療所のマーケットエリアのこと、調査
とは、実態や動向を調べること。
もうひとつの顔の医療系のコンサルティング会社F-HOUSEとして、単発の仕事をある
ハウスメーカーの病院チームからの紹介でさせて頂いている。
P1040423.jpg

↑実は「地番なし」の一番地

それがなんと、マチクリオフィスを含む銀座3丁目から6丁目の一部と、ゆかりのある場所
だからありがたい。前職でよく、診療所の開業調査など、診療圏内を足を棒にして調べた
もの。考えてみれば、現場を歩き、ユーザーの立場から仮説を立て、検証していくという
ことをずっと続けているように思う。自分のライフスタイルのかもしれない。

昔は、街頭アンケートなんかもよくやったもの。当時はインターネットなんかは趣味の
世界で情報収集はもっぱら、市役所の資料室、国会図書館、業界新聞あたりだった。
ましてやネットリサーチなんか夢の世界。
住宅地だと一軒一軒ピンポンして情報を集めるようなことも珍しくなかった。

忘れもしないコンサルタント1年生の時に、埼玉県南部で、真冬の寒い日を丸2日間
街を歩く方にインタビューをするのに、有効回答が集まらず苦労したもの。
とっても寒い日で、先を急ぐ人を交差点で呼び止めて、鼻水を垂らしながら、震える手
でインタビューしていたのだから、さぞキモイと思われたのだろう。
競合医院調査では、患者さんの振りをして病院に侵入してドキドキしながら
カメラで隠し撮りなんかもしたものだった。(もちろん、手鏡は使っていない)

銀座は今、東京の中の銀座ではなく世界のGINZAに変貌している。
日本で一番商業地地価が高いのは当たり前だが、この狭いエリアに昨年から計画中
のものを含めて50件くらいの開発案件があるのだから、凄い!
注目は何と言っても4丁目のM越新館。売り場面積は1.8倍の5500㎡、M屋もM坂屋も
黙っていられないということで着々を計画が進行しているらしい。
P1040459.jpg

↑M越の新館工事

また、4丁目には銀座で3つ目になる、LVのタワーの工事も始まっており、有楽町ITOCiA
につながるマロニエ通りには、ブルガリタワー、デビアスと最近では2丁目近辺の開発が
盛んで、地価も上昇率も2丁目が高い傾向が出ている。
P1040466.jpg

↑シュールにゆがんだデビアスの旗艦店

ちなみに、銀座は世界で一番土地が高いのかと思いがちだが、賃料計算からいくと
1位はNYの五番街、2位はパリのシャンゼリゼ、3位 モスクワのトベルスカヤよりももっと
低い9位が銀座だというはちょっと意外。

銀座を見ていて見習たいところは、やはり「街づくり」に対する地元の方の積極的な姿勢。

以前から銀座ルールはあったが、最近では、MデパートがMビルと組んで計画していた
高層ビル化、歌舞伎座の建て替えプランなどが発覚してから地元の有志が、2006年に
「新銀座ルール」で建物の高さを56mに抑え、屋上広告についても最大で10mまでとなった。

節操のない高層ビルを計画をぶち上げたことで銀座人を怒らせてしまったようだ。
おまけに建築確認の前に「銀座デザイン協議会」とデザインや用途などについて協議する
こととし、秩序をある街づくりが実践されている。

比較しては怒られるが、今、取り組んでいる地元浦安の街づくりに、少しで勉強させてもらって
「ルール」と「仕組み」で上手に影響力を発揮の仕方を見習っていきたいものだ。

ただ、単にブランドや高級品を集めているだけでは、地方や海外の一部の観光客しか
集まらない。時間と労力を惜しまない地元の町人気質が文化と伝統を大事にしつつ、新しいこと
にチャレンジしている姿に共感してしまう。

時間と労力を惜しまない、お金も口も出す人がいないと街づくりのドライブはかからないのだ。
地元浦安では、良かれと思ってやっていても、実は地域住民が関心がなかったり、余計なことを
するなと反感をかったりすることもあるが、小さな一歩でも、子供が大きくなるまでには
「お父さんが頑張ったんだね」と言われるような軌跡(奇跡?)は残しておきたい。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


洞爺湖サミット開幕
いよいよ洞爺湖サミットが開幕。
先週から、街のあちこちで警備が強化される光景が、北海道から
これだけ離れている東京でも、サミット気分が盛り上がってきている。

池袋から少し離れたひなびた公園でも、朝からご覧のように警官が
2名張り付いているが・・・本当にそこまで必要なのだろうかと経費の
心配をしてしまう。
SH010143[1]

洞爺湖サミット関連で、だいたい350億円のくらいの予算を計上して
いるようだが、そのうち半分は警備関係というから、大変な金額なん
ですね。

札幌出身の私は、洞爺湖にはかれこれ10回くらいは行っている。
それほど、地元では定番の身近な観光地。
小学校の修学旅行
ライダーのツーリングコース
サマーキャンプ
冬は洞爺湖氷とう祭り
・・・・
lrg_13429749[1]


ウインザーホテル洞爺も思い入れがある。
3年ほど前に、仕事で一度訪れたことがある。
確か3月くらいだったので、札幌から雪の中、スーパー北斗で洞爺まで
約2時間、そこからバスに揺られて・・。平日の閑散としてまっ白い世界
にそびえ立つ戦艦のような佇まいであった。
季節外れの平日とあってとにかく静か。確か当日もアラブの富豪が
プライベートスキー場を貸し切って練習しているなんて噂だった。

洞爺湖のプライベートスキー場を眺めながら
美味しいお蕎麦が、とても素朴で味であったのを覚えている。

人事、教育政策に関する相談で、残念ながら取引スタートには
至らなかったが、その後もいろいろと情報交換させてもらった。
T部長はとても魅力的な方で、今は某フィットネスクラブの要職で活躍されて
いると聞いている。

たぶん、今頃は大変緊張の中、想像もできないほどの忙しさで
がんばっているのだろう。
その頃では、サミットなど到底考えもつかないことであった。

ウインザーホテルと言えば、もと北海道拓殖銀行の関係企業が破たんさせた
超バブルの象徴であった。
開発会社カブトデコムと言えば、札幌では知らない人はいない、イケイケのデベロッパーであり
当時は650億円を巨費を投入したことでも札幌のバブルぶりが伺える。
当初は会員制ホテルであったが、しかしどうやって投資を回収する予定であったのか・・・
あの頃の事業計画の立て方は、正気ではなかった。
その真っ只中、私は、東京でホテルの用地開発に携わっていたので、よーく覚えている。

90年代後半に、それをセコムさんが60億!で買い取り、オペレーションはあの窪山社長の
運営会社ウインザーになったという経緯だったと思う。
窪山社長の本を以前に読んだことがあって印象に残っていたが、石ノ森章太郎さんのマンガ
ドラマにもなった、「HOTEL」の東堂マネージャーのモデルとなったのが窪山社長さん。
「もーしわけございません~」高島弟のお辞儀をする姿がを思い出す人も多いはず・・・。

そんな、激動の時代を戦ってきたウインザーホテルで、今日のサミットを迎えているは
やっぱり、ドラマ性があるんですね。

今年のお盆に里帰りができれば、久しぶりに洞爺湖方面に行ってみようと思う。

















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。