FC2ブログ
街のコーンスープ担当
経営コンサルタントとして足かけ20年、「おんしゃんの仕事は、コーンスープ担当なの?」そう、「コンスルタント」・・・と息子が言っていた親父の日記。
プロフィール

THANN-011(たん)

Author:THANN-011(たん)
札幌出身千葉在住
医療経営コンサルティングと街づくりを行う野球少年2人と野生人犬「たん」の父親
クリニックの経営をみながら、不動産ネットワーク開発に邁進中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましておめでとうございます。
2009年1月1日
あけましておめでとうございます。

ブログを始めて正月を迎えた。
今年は、年末に本を買い漁ってゆっくりと1年を振り返り
将来のライフプランをゼロベースで考える時間を持つ
ことができた。
こんな休みを一度やってみたかった。

それにしも、激しい変化の2008年であった。
サブプライムローンを発端にした世界同時株安、金融危機
世界をリードし、経済の要であり、銀行の中でも頂点と言われて
きたインベストメントバンクがリーマンショックを皮切りに
全てが消滅している事実は信じ難い光景であった。

サブプライムローンは現在の状況の引き金になっている
とは確かだと思うが、当然そんな表面的なものではなく
アメリカが世界のルールを作ってきた「金融力」と「軍事力」が
通用しなくなったシステムの破綻、市場原理主義の限界と
見る人も多い。

日本もここ数年、いざなぎ景気を超える好景気を謳歌
してきたのは、アメリカの過剰消費の恩恵があったのも
事実であった。
それでも、経済では世界のトップクラスを自負してきた
日本のアイデンティティも、一人当たりのGDPが世界19位
G7で最下という結果を目の当たりにして、音を立てて崩れて
きた。

年末に挙って報道していた、日比谷公園の年越し派遣村の
映像は、ここは本当に日本なのか?と想わせるような信じ難いもの
であり、誰かが作った虚構の姿のような感覚を覚えてしまった。

経営者の立場から言えば、固定費である人件費をコントロール
して利益の最大化をするために、非正規社員の契約を解除
することは当たり前のことである。

雇用された側も契約事だから、市場のあるところにシフトし
そこでスキルを高めていくという簡単な図式では解決する
のが鉄則であった。
しかし、その基盤が崩れてしまたのが2008年であり、ルール
の整備を怠って来た結果なのかもしれない。
そのなると、ある程度人を支えるコストを企業から国家に
移すタイミングかもしれない。

しかし、一方で内部留保は100兆円と言われる日本の民間企業
の経営の在り方もそろそろ転換期に来ているのだろう。

そんなことをぐるぐると考えながら、2009年以降の決意
を新たにする正月だった。

まずは「川」から「海」に出た意識の変換を持って、好きだと
思えることに対して、自然体で臨んでいきたい。

激流の川下りの中を、ラフティングのようにオールを上手
使い、岩をよけ、メンバーの体重移動を指示し、ゴールに
たどりつくために、一丸となって頑張る姿は、いままでの
やり方であった。
確かに、目の前の問題解決に一生懸命取り組んでいけば
川の流れがあったので、方向付けは間違わなかった。

2009年は、この激流から、凪のような大海で、流れを自ら
作っていくような舵取りなるんだろうと確信した東京湾の
初日の出でした。
SH010561.jpg
SH010571.jpg
2009年1月1日 6時~7時頃 浦安総合公園にて
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。