街のコーンスープ担当
経営コンサルタントとして足かけ20年、「おんしゃんの仕事は、コーンスープ担当なの?」そう、「コンスルタント」・・・と息子が言っていた親父の日記。
プロフィール

THANN-011(たん)

Author:THANN-011(たん)
札幌出身千葉在住
医療経営コンサルティングと街づくりを行う野球少年2人と野生人犬「たん」の父親
クリニックの経営をみながら、不動産ネットワーク開発に邁進中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黄砂に吹かれて~♪
黄砂に吹かれて聞こえる歌は、忘れたくて忘れた~♪
と歌っていたのは、中島みゆき作曲の工藤静香の曲

そんなロマンチックなものではないと、最近やっと気付いた。
花粉症歴15年くらいになると、毎年対策も面倒になって
涙を鼻水も、時の過ぎゆくままにこの身を任せ~♪
と懐メロで乗り切れるくらいの器量になったきた。
しかし、今年は黄砂の影響なのか、ダブルで攻め立てられ
かゆいではなく痛い!
どこに行くにも、点媚薬と目薬は離せない。

SH010717.jpg

今日もお客様とある現場の視察で、空港に来ていた。
都内近郊にいると、日本は抜群に公共交通機関が発達していて
なんて便利なところなんだろうと思ってしまう。
自宅がTDLやホテルが近くにあるおかげで、羽田、成田へも直行
バスが沢山出ているのもとても助かっている。

それもでも、やはり地方に行くと「日本は東西に長いんだなぁ」と実感。
四季の移り変わりを。視覚や気温ではなく、身体のあらゆる「粘膜」
で感じるように進化してきた。

先月は、北海道猛吹雪に見舞われ、千歳空港が閉鎖される事態
に巻き込まれてしまった。土曜日の昼の便でやっとの想いで千歳空港
に着くも結局、乗れたのが翌日の夜の便に。
空港までの高速道路が閉鎖、JRもバスもストップというのはあまり
記憶にない。
これは、まさに子供頃の札幌の冬の情景そのものあり、懐かしさ
とともに、恐怖を覚えるような光景であった。
SH010697.jpg
↑実家前の車はこんなです
SH010696.jpg
↑空港避難民はこんなです

先週末は、関東地方を春3番目くらいの強風が遅う。前日の夜から
ベランダをプランターやらが転がり、東京湾が白波を打って荒れ狂っている
のを見て、嫌な予感はしていた。
翌日の朝は、例によって自宅近くの京葉線がストップ。
「風が吹けばおけ屋が儲かる」と言ったのは随分昔の話で、今は
「風が吹けば京葉線が止まる」というのが浦安市民の合言葉になっている。

それで、今日は天候に恵まれ、スムースな移動に気を良くしていたところ。
が、黄砂に吹かれて泣きながら、空港へ来ると石川遼君が機長の会社が
ストライキ・・と、一筋縄で行かないのが「移動」なのだ。

移動が仕事で、仕事が移動、それで移動中が仕事のような私には
天候と交通情報は話せない存在になのです。

日頃から情報武装し、常に携帯でNAVI TIMEすることで随分と
防げることもある。
余裕をもって良く考えたスケジューリングも重要。、
個人とし信用残高がある者なら、まさかの事態が起きてリカバリーが効く
ことだってある。
それでも防げないことは、お天道様が見ている「ひごろのおこない」で
努力するしかない。

そう、そのために、トイレのみつお先生の日めくりがあったんだ。
「なんでもかんでも欲しがるなよ」と言っていたのは何日のあいだみつお先生
だったろうか。

大事なことは全部トイレが教えてくれる・・・。
そういえば、小学校2年の下の子が「けれどけれどで何もしない」と口ずさんで
いた。
SH010168.jpg

毎日コツコツ頑張ること、継続は力なり・・もトイレが教えてくれた。






スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。