FC2ブログ
街のコーンスープ担当
経営コンサルタントとして足かけ20年、「おんしゃんの仕事は、コーンスープ担当なの?」そう、「コンスルタント」・・・と息子が言っていた親父の日記。
プロフィール

THANN-011(たん)

Author:THANN-011(たん)
札幌出身千葉在住
医療経営コンサルティングと街づくりを行う野球少年2人と野生人犬「たん」の父親
クリニックの経営をみながら、不動産ネットワーク開発に邁進中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自費診療シフトへのワークショップ 
お世話にななっている先生の紹介で
日本歯科大学の九段ホールにて
ワークショップに参加させてもらいました。

DSC_0003.jpg

衛生士さんが中心になって、ロープレ形式
で自費診療を選択してもらうようなアプローチの
勉強をさせてもらいました。

とても勉強になりました。この機会を頂いたY先生、K先生に感謝です

実際に自分も、ドクター役として右上6番欠損の患者さんに
対してロールプレイングをしみて、多くの気づきを
もらいました。

必要なのは
・自信
・シナリオ
・時間
・信頼関係
・道具
・共感のスキル
・・・・

なんといっても「時間」と「シナリオ」を持たなければ
いけないことに、以外と気づいていないスタッフが多いかも
しれない。
もちろん、信頼関係や確固たる技術と誠意こそが大事です。
でも、これは明日の対策にならない。
トレーニング積み、試行錯誤しながら時間をかけて築いていくもの。

しかし、時間とシナリオの主体者は術者、医院側で
なんとでも工夫ができる領域です。

やはり5分では、カウセリングではなく情報提供で
終わってしまう。
どうやったら、20分、30分カウセリングの時間がとれるのか
を組織、システムとして組むことはコントロール可能。

また、シナリオは前日までの準備の違いであり
これがないというのは、準備不足、誠意の不足、職業意識の
不足につながるものと考えなければいけない。
使命感を持って、この方に正しい選択をしてもらおうと思えば
プレシンキングが欠かせない。

既に世界のトップクラスのインプラントメーカーの業績は減衰
しており、ピークは過ぎた感がある。
商品サイクルからいっても、ここ2~3年は価格競争が進み
その後は、大手に集約がかかり、市場もシュリンクして来ると
思われる。

保険点数も下がり続けると考えるのが普通でしょう。

その中で、高付加価値に自費の診療にシフトしいくために
にいくつか成功パターンを改めて確信した。

・「これが最後の治療」とする理想型の治療パターン
・「キレイと快適」から顧客関係性管理を定着せるパターン
・「圧倒的な専門特化」職人技追求のパターン

たぶん、いや、きっと、間違いない
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。